Yosef さんの研究活動

6月2日に来日したYosef Hamba TOLAさんが岡山大学資源植物科学研究所・谷 明生准教授のもとで行った研究内容について紹介します。

受け入れ期間: 2015.6.2-2015.7.30の2ヶ月間

Yosefさんの研究紹介:

Chemotaxis fishing: specific enrichment technique of bacteria from environment based on their chemotaxis

YosefはエチオピアのDire Dawa Universityの学士を卒業し、その後Pan African Universityの大学院を修了しています。現在はJICAがケニアのJKUATを拠点としてサポートしているAFIRCA-ai-JAPAN ProjectのResearch Fellowという立場です。マメ科植物の根粒菌についての研究を行っています。

来日時倉敷駅に迎えに行くと、同じ便で来たPaulと一緒に、日本のインフラのテクノロジーに困り果てたと言っていました。聞くところによると、エチオピアの実家には電気も来ていないということなのでさもありなん、というところでしょうか。なお飛行機での気圧変化で歯痛がおこり、悶絶していたそうです。私にも経験がありますが。

Yosefには、このところ当研究室で精力的に研究している、細菌の走化性(Chemotaxis)に関する新しい実験を試みてもらうことにしました。細菌には好ましい物質(多くの場合炭素源となるもの等の誘引物質)の濃度変化を感知し、水中での遊泳の方向を制御して、最終的に誘引物質に集まる性質(走化性)を持っています。彼のテーマは、2ヶ月という短期間と言うこともあり、環境中からこの走化性を利用して細菌を特異的に集めることにチャレンジしました。この方法をChemotaxis Fishingと名付けました。実験条件の確立に少し時間がかかりましたが、確立後は精力的に多くのサンプルを使って実験を行っており、土日も休まず実験していました。

結果は現在彼が執筆中の論文に詳しく書きますが、簡単に言うととても上手く行き、環境中からメタノールに集まる菌を濃縮することに成功しました。分離した細菌の同定の仕事は残っていましたがこちらで片付け、今年中ぐらいには投稿したいと考えています。

Yosefは滞在中ゲストハウスに宿泊し、Paulと共にいつも夕食を作って食べていたそうです。彼のエチオピア料理を試す機会はありませんでしたが、ネットで調べるところによるとエチオピア料理はかなり手の込んだものもあり、ケニアとは少し違うようです。というかかなり違うようです。日本の寿司・天ぷらなどを楽しんでいました。

再来日を強く希望しており、国費留学生応募を考えていますが、エチオピアならではの問題もあり、そう簡単ではなさそうです。

最後に、Yosef Hambar TOLA氏の滞在を可能にした学術振興会(「アジア・アフリカ学術基盤形成事業(代表: 岡山大学資源植物科学研究所・教授・坂本亘:汎アフリカ大学院と共同する資源植物科学イノベーション研究拠点」)に感謝いたします。

(文責:谷 明生)

20150615_140701

20150603_123332