ケニアデーのご報告

2016年10月6日(木)に岡山大学津島キャンパスにてケニアデーが行われました。
今年は65名の参加があり、講演3題とポスター発表が26題ありました。

開会にさいしてケニア・JKUAT設立当初から尽力された岩佐順吉 岡山大学名誉教授から挨拶がありました。

SONY DSC

本年度のケニアデーではこれまでとは趣向を少し変えて植物科学以外の分野で活躍されている先生方にも講演を依頼し、アフリカでの活動について発表して頂きました。

畝 伊智朗 先生(吉備国際大学)にはこれまでJICAで行ってきた活動についてご紹介いただきました。特にアフリカにおける物流改善について講演していただきました。

SONY DSC

森本 直記 先生 (京都大学)にはケニアで出土する類人猿化石をCT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影)画像解析することによりヒトへの進化を探る研究について講演いただきました。

SONY DSC

且原 真木 先生(岡山大学・植物研)には植物の成長に必須なタンパク質であるアクアポリンの機能と多様性について講演いただきました。

SONY DSC

 

ポスター発表では発表者による1分間のフラッシュトークを設けました。

SONY DSC

ポスター発表では多くの議論が交わされ、それぞれの研究発展・交流つながったと思われます。

SONY DSC

SONY DSC

ケニアデーの最後にBBQで親睦を深めました。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC