活動実績2012

「2012年度のケニア訪問とシンポジウム開催について」
AASPPプログラムも最終年度を迎えますが、2012年度は2010年度に引き続き、ジョモケニアッタ農工大学(JKUAT)で作物ストレス科学に関するシンポジウムを開催しました。本シンポジウムは、第7回JKUAT Conferenceを私達が共催する形式で行われ、約300人の参加者を得て、研究紹介をするだけでなく、ケニア研究者・大学院生との交流の場を先方に設けていただきました。今回は、岡山大学(植物研・農学部)から6名の教員・大学院生が参加し、研究成果を報告しました。今回の訪問では、これまで4年間に行われた各種の交流事業で植物ストレス科学研究に関するケニア側の興味も定着しており、今後の更なる交流にも期待ができそうです。

ケニア訪問では、JKUATキャンパスだけでなく、ナイロビ市内の「JSPSナイロビ研究連絡センター」、「JICAケニア事務所」なども訪問させて頂きました。大学では、Imbuga 学長代理、Kahangi副学長代理の表敬訪問をはじめ、大学内の施設訪問や学生との意見交換も行いました。

表敬訪問・大学視察・およびシンポジウム開催の風景

参加者からのレポート
坂本 亘「JKUAT Conference 2012 およびケニア滞在記」
鈴木 信弘「The Seventh JKUAT Scientific Technological and Industrialisation Conference に参加して」
植木 尚子「ケニア滞在報告」
平山 隆志「第7回JKUAT国際学術会議出席報告書」
Gichuhi Emily Waringa 「JKUAT’s role in empowering researchers and supporting research towards food security and sustainable development」

シンポジウム案内など
「ケニアで植物ストレス科学の国際シンポジウムを開催します」
「2012年10月19日IPSR Kenya Day 2012を開催いたしました」
「2012年10月19日15:00~IPSR Kenya Day 2012を開催いたします」

2012年度来日研究者
「ジョモケニアッタ農工大学から副学長が来日しました」
「ジョモケニアッタ農工大学から来日した大学院生(Mwashasha Mwagitta)からレポートをいただきました」
「ケニア国立農業研究所から来日した研究員(Patrick Ooro)からレポートをいただきました」
「ケニアから2名の研究者が来日しました」
「ジョモケニアッタ農工大学から来日した大学院生James Ngeruからレポートをいただきました」
「ジョモケニアッタ農工大学から来日した大学院生Julius Megweruからレポートをいただきました」
「ジョモケニアッタ農工大学から大学院生が来日しました」