国際特別セミナーのご報告

2月23日にJSPS拠点形成事業(アジア・アフリカ学術基盤形成型)、岡山大学環境生命科学研究科「国際異分野共同研究」の共催で国際特別セミナー「大学がアフリカと何ができるか?」が行われました。

本拠点形成事業で進める、東アフリカを中心とした「資源植物科学イノベーション研究拠点」に関連して、本プログラムの研究協力者を含めた国内の研究者が集まり、アフリカをフィールドとする研究教育プログラムを紹介するセミナーが行われ、3大学それぞれのプログラムを紹介がありました。
本事業が行っている東アフリカを中心とした資源植物科学イノベーション研究拠点とは異なる観点の研究教育国際プログラムの活動を知る機会が得られ、帯広畜産大学の小疇浩先生によるJICA草の根パートナー事業から始まったマラウィ共和国との研究交流や、筑波大学・国際室の森尾貴広先生によるアフリカを中心としたモロッコ筑波大学拠点、北アフリカセンターでの活動に加えてフランス、米国の筑波大学拠点についての紹介があり、今後の拠点活動の参考となりました。

 

岡山大学環境生命科学研究科長・神崎先生による開会の挨拶

神崎先生

 

筑波大学・森尾先生よるモロッコ筑波大学拠点、北アフリカセンターでの活動に加えて,フランス、米国拠点の紹介

森尾先生2

 

帯広畜産大学・小疇先生によるマラウィ共和国でのJICA草の根パートナー事業から始まった研究交流の紹介

小あぜ先生2

 

岡山大学植物研・坂本先生による植物研が核となったケニアを中心とした東アフリカとのPSS (Plant Stress Science)研究の紹介

坂本先生
岡山大学・久保先生による農学部が中心となって行ってきたケニア国ジョモケニアッタ農工大学との交流を紹介

久保先生