2014年度のケニア訪問とシンポジウム開催について その3

JKUATにて2014年11月13日〜11月14日、日本学術振興会研究拠点形成事業「第9回ジョモケニアッタ農工大学シンポジウム」が開催さ れ、約250名の研究者が各国から一同に会しました。岡山大学からは森田学長、農学部から7名、資源植物科学研究所から6名の教員・大学院生・事務員がケ ニアを訪問、日頃の研究成果を発表・聴講するとともに、「アフリカ大学院と協働する資源植物科学イノベーション研究拠点」に関する意見交換が盛んに行われ ました。今回はエチオピナから2名、ウガンダから2名の研究者もシンポジウムに招聘しました。

14日には「岡山大学ケニア同窓会設立総会」 が開かれ、海外では10カ国目、アフリカでは初の同窓会支部が誕生しました。これは留学生のネットワークを構築するためで、岡山大学で博士号等を取得した 約40名が会員となり、支部長の選任・今後の活動内容等を決めたり、お互いの旧交を温めたりしました。

この他にもJKUATの教員・ JICAの専門員との共同研究打ち合わせ、ビール製造工場の視察、マサイマラ国立保護区での植生調査など盛りだくさんのスケジュールでしたが、全員無事に 帰国の途につきました。この訪問で得られた成果を今後の「ケニア国際交流プロジェクト」に活かしていきたいと思います。

<ケニア訪問、参加者レポート>

Peter Kuria Kamau:KENYA ACADEMIC TRIP

田中義行 :ケニア訪問とシンポジウム

鈴木信弘:2回目のケニア訪問

齊藤邦行:9thJKUAT科学技術会議とケニア農業探訪記

Emily Gichuhi:Academic visit to Kenya